• ホーム
  • インフルエンザは何故風邪よりも症状がつらいのか

インフルエンザは何故風邪よりも症状がつらいのか

薬を飲む女性

流行しやすい感染症であるインフルエンザは、風邪の症状と非常に酷似していて、誰もが罹りやすい病気であることから同じものと勘違いしやすくなっています。
まず、一般的な風邪は38度以下の発熱が多く、その他には鼻水、鼻づまり、咳、喉の痛みなどが現れます。風邪を起こすウイルスは比較的弱く、市販されている風邪薬でも簡単に治せるというのが特徴です。
対するインフルエンザは発熱、全身の倦怠感、消化不良、目の充血といったものが起こり、その後に咳や息苦しいといった呼吸器系の症状が起こります。
発熱自体が風邪と同じようなものなので、最初は風邪かと思いがちですが、インフルエンザの場合は徐々に熱が上がるのではなく、一気に38度を超えて40度まで届くようなことがあります。
この急激な発熱が風邪との大きな違いで、体温が急激な上昇を起こすことから、関節や筋肉の痛みを訴えるようになります。また、風邪の発熱による頭痛とは違い、少し動いただけ、咳をしただけでも締め付けられるような頭痛を起こすことがあります。
大人しく眠っていれば風邪であれインフルエンザであれ、自然治癒することがほとんどですが、体力や免疫力の低い子供、高齢者ではインフルエンザに罹ると重篤になりやすい傾向にあります。
これは高熱による作用で、体力が急激に低下することにより、インフルエンザそのものではなく、他の細菌によって肺炎を起こしたり、脳症が起こるなど二次感染が発生する可能性が高いためです。
医療技術の発達した現在では、インフルエンザの治療薬も出回っていて、それに伴う死亡者も減っていますが、過去には治療方法が確立されておらず、死亡するケースが非常に多かった病気とされています。
現在でも二次感染には注意を呼びかけているので、症状が出たら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。